見るからに難しそうな問題たち。

こんにちは。今日は曇り。少しジメジメしていますね。毎日カラッとしていれば嬉しいですけれど、そうはいきません。

テスト対策授業とテスト対策授業

今日はいよいよテスト対策の天王山、土日の授業です。朝から晩までず~っと授業です。

授業前や授業後に質問をする生徒たちが増えてきています。その中には残されている生徒もいますが(笑)。

火曜日からテストですから最終チェックを各教科実践しています。東住吉中学と中野中学はテスト1週間前ですから生徒たちでごった返していますが、白鷺はというと、生徒がたくさんいます。

白鷺中学校は中間テストがありません。ですから昼から勉強している生徒は、卒業生、ismOBです。高校の勉強を質問しに来ています。

今までビックリするくらいの時間、塾で勉強していたので、教室に入って勉強していても違和感ゼロです(笑)。

勉強しようと思う気持ち

どこで勉強するか、というより、勉強しよう、質問しよう、って思う気持ちは子供たちを成長させます。

あまりにも簡単な質問ならば、あえて突き返します。自分でしっかりと考え抜くという体験をしてもらうためです。

そして、問題を解いている時にあきらめてしまったりとか、少しシンドイからもう目をつむっておこう、とか。それは許さず考えさせています。

難しくてしんどかったとしても、勉強しよう!という意思を前面に押し出せば、うまくいくはず。空回りはないはずです。

常に前向きに勉強することが大事。せっかく勉強するんやから良い気持ちでやりたいですよね(笑)。

と、ブログの準備をしていると、中1、中2の生徒がやってきて、わからない数学の質問を授業開始1時間半前から来て聞いています。なかなか意識も変わってきたなあ。

こんなブログを書いている塾、「進学塾ism」にご興味のある方、こちらをクリック