暑さでへにゃへにゃです。

こんにちは。今日は晴れ。もう夏ですか?って言いたくなるような暑さ。でも、次にくるのは梅雨なんですよね。ジメりたくない!

些細な変化は大きな変化の前触れ

観葉植物ですが、ここ最近の暑さでしなっといていました。ただ「まだ大丈夫!」って自分勝手に思ってましたね。

そんな観葉植物に水を与える「だけ」なのに、目先のテスト対策授業プリントをコセコセと作っていたんです。

そして今日、ふと見ると全盛期の10分の1かというくらいに元気がありません。しまった!と思ったんですけれど、時すでに遅し。

急いで水を大量にあげました。葉っぱ1枚1枚に霧吹きで表面に水分を与え、元気がでるようにと念じながら世話をしました。

なんとか、元の元気な状態に戻ってほしいです。

生徒に対しても同じ

これは生徒への指導でも同じです。気にはなるけれど、何か他のことをしていたので、優先順位を下げた対応をした。これって最悪ですね。

授業に関しても同じです。ここで確認テスト!と思っていたが作成する時間がなくて、確認テストを実施しない。これまだダメな対応です。

授業プリントを作成しなけれんばいけなかったのに、作ることができなかったんで以前に作ったプリントでしのごう!ダメダメダメ!

思ったからには即行動。大事なことです。普段と違うってことに気付いているんですから対応するのは当然!

子供たちからのたくさんの発せられている電波をしっかりと受け止めないと。指導している側の思いも大事ですが、子供たちの思いも大事です。

子供たちが日頃と違うささいな行動をとれば、なぜなのか?って考えて接していかないといけないです。

また、いつもより集中力がない!っていう生徒がいた場合は励まして集中力をつけさせてあげないといけないですし。

ですので、タイミングってのは大事です。植物さんごめんなさい。

こんなブログを書いている塾、「進学塾ism」にご興味のある方、こちらをクリック

投稿者プロフィール

進学塾ism