こんにちは。今日は晴れでしたかね、すこし曇ってました?テスト対策教材をずっと作成しているので外が見れてないんすよねえ(笑)。

日程がバラバラです……。

今日から中野中学校の2年と3年は定期テスト対策授業がスタートです。東住吉中学は来週月曜日から。白鷺中学はもっと先です(笑)。

複数中学で指導をすると、こういう時に悩むんですよねえ。日程が全然違うのでテスト対策いつからやんねん問題。あるあるです。

というのも、中野中学校は1年生は中間テストなし、2年と3年が5月11日、12日に実施、東住吉中学は全学年が5月18日、19日。白鷺中学は中間テストはなし。

こうなると同じ教室に複数中学がいるとパニックになるのはわかってもらえるかと思います。

気持ちの統一が

定期テストってけっこう気持ちって大事です。クラブの試合にように日程に向けて意識を高めていき、テスト当日にどーんとやるみたいな。すごく抽象的ですが(笑)。

これが、日程が違った中学校と一緒にテスト対策を実施すると、ほんと周りに気持ちが伝染していきます。ゆる~い気持ちが(笑)。

テストが終わった生徒がいればなおさら。ホッとして気持ちで授業を受けている生徒と、いざテストっていう生徒が同じ教室で受けている。なかなかハードなことだと思います。

だから単一中学指導にしました。

という苦い経験があったので、ismでは「1つの中学を徹底的に指導」することにしました。ですので、定期テスト対策授業の開始は各教室によって全く違います。

あくまでも公教育が学習の基本です。その基本に沿って学習面も気持ちの面をしっかりとフォローして指導するのが私教育だと思っています。

子供たちが「今」わからないことを克服させる。気持ちが勉強に向いている時に合わせてしっかり指導する。これは「1つの中学を指導する」大きなメリットの1つです。

では、テストにむけて頑張りましょう!ちなみに上記の写真のなぞの文言「暗記大会」はまた説明しま~す。

投稿者プロフィール

進学塾ism