こんにちは。今日も晴れ。良い天気。清々しい風。の中で今回の定期テストの問題を見ながら来週に返却されるであろうテスト結果についてあれやこれやと考えています(笑)。

今回の定期テスト対策授業ですが、ん~反省すべきところがありますね。「こうだ!」って思っていた施策に関しても「こういう問題点が出てくるのか。」とか感じていましたし。まあ、生徒と共に日々勉強です。

一番はテスト範囲の量と生徒の理解度の想定を少し見誤った感があるような気がしています。これって否定的なことではなくて、一学期に点数が上がっていましたし、日々の授業の理解度や吸収力もかなり上がっていましたから。これくらいはいけるやろお!ってのが少し高望みしたかなあと。

一学期の定期テスト対策授業よりも今回の定期テスト対策の授業中に多く聞かれた言葉、それは「なんで覚えてないねん、これ前にやったやろお!」です。

前にやっても覚えていない子供たち。だから一学期はペースを少し緩めに何度も似た問題をやらせて習得させる。ただ速度は遅くなるというデメリットはありましたが。結果的には基礎の徹底を実践したので定期テストの成績は上がりました。

この二学期は更なる高みを目指しての船出でしたね。授業中の理解度も格段に上がっていいたので、ガンガンいきましたねえ。生徒も必死にくらいついてくれましたから。感じ的にはピタッとはまった感がありました。

定期テスト対策授業に入った時には若干のピタッと感が薄れていることに気づき始め、このブログでも載せましたが日曜日の「終わりのないのが終わり特訓」でズレを認識しました。ズレと言ったも調整がつく範囲なので問題はないんですが。究極のベストを目指して指導をしてきたので。ベターな指導だったと思います。

生徒一人一人のテスト結果を分析し次の期末テストに向けて指導方法などをスタッフ一同で調整をかけていきます。テストが返ってきていないのにこんなことを載せてなんじゃあ!と思われるかもしれません。結果として成績が上がってくる子どもたちも多数でてくると思います。でも、結果オーライな指導はしたくありません。

分析し反省し改善する。指導する側も子どもたちと同じです。「教えたのになんで覚えてないねん!」とか「教えたのに、これ覚えろいったのに言うことを実践しないからこんな結果になったんです。」など、言い訳がましいことを言いたくありません。覚えてこないなら、指導したことを実践しないなら、それは指導している側にも問題がある。こういう考えで子供たちと接していますから。

自分たちが思っているよりもはるかに子どもたちが頑張り、そして結果が出た時は、びっくりするくらい褒めてあげようと思います!

 

では、入塾説明会についてのお知らせです。10月から御入会を御検討されている方の説明会です。

進学塾ism入塾説明会

10月10日(土) 午後2時より。約1時間半の説明会です。

学力確認テスト

10月10日(土) 午後2時より。1科目40分。約1時間半のテストです。

※小学生は「算数と国語」、中学生は「数学と英語」です。

※学力確認テストですが、クラブなどで受験できない場合は平日の夕方、もしくはクラブ終了後に受験して頂くことは可能です。お申し込み時にご相談頂ければと思います。

本日はここまで、ではまた。

投稿者プロフィール

進学塾ism