今日の天気は雨。こんな感じです。明日はあるのかなあ。運動場は水はけが良いので大丈夫なような気もしますが。延期になったらなったで、その後のスケジュールが売れ出した中堅漫才師みたいになるはず。それは子供たちがかわいそうです(笑)。

学校終われば塾来て勉強。

「玄関開けたら二分でごはん」と同じ感じでタイトルを歌うことができます。ど~でもいいわ!

中学3年生の一部の塾生は、学校が終わるとそのまま塾に来て勉強をしています。一部の塾生、一部の、一部の、一部、一、……。一部ですけれど前向きに頑張っています。

できれば塾に来て勉強してほしい!って思い生徒は来ません(笑)。待ち人来たらず、です。

塾のある日は塾の用意をして早めに塾に来て勉強をすること!塾のない日は学校の帰りに塾に寄って勉強して6時半に帰る(クラブと一緒ですね)!という一応の指示を出しています。

にもかかわらず一部の生徒、どげんかせんといかん!

自分のやりたいように勉強することの危険性

自分の思うように勉強をしている生徒たち。やっているねんから問題ない!って思っているかもしれません。確かに勉強はしています。でも、なかな結果は出ません。

話を運動に変えてみます。最近、野球を始めたトムくん。コーチに言うことを聞かずに自分のやりたい練習をしています。コーチがまずは素振りでフォームを固めよう!って言われているのに、マシンを使って打撃練習をバンバンです。「こっちのほうが早く打てるようになるねん!」とトムくん。

困ったもんです、トムくん。

自分の思いで勉強する時に大事なのは、「今、自分にとって何の勉強が大事なのか」をしっかりと把握しているか、です。もし把握していれば成績は良いはずですし、成績が悪いってことは把握できていないのです。

その指示を出すのが塾の役目の1つ。最終的な目標に向けてしっかりと計画をたててあげる。これって大事です。

まずは言われたことを忠実に実践するべし。

学校や塾から出されている宿題や課題。期日ってのは入試から逆算して出している期日なので、後ろになればなるほど、他の課題と重なって、ただやっているだけになります。期日ってのは守ることが当たり前。効果が激減します。

ですので、期日に向けて言われたことをコツコツやること。トムくんになってはいけません。

そのためにも、誘惑の多い家ではなくて、塾で勉強しなさいよって話です(笑)!

 

こんなブログを書いている塾、「進学塾ism」にご興味のある方、こちらをクリック

投稿者プロフィール

進学塾ism