終わりの始まり

こんにちは。今日は中間テストも終わってホッと一息、な~んて。ついている暇はありません(笑)。

終われば始まる

白鷺中学校と中野中学校は中間テストが終わって約1週間がたちました。テスト結果に一喜一憂していますか?そんなことより、とにかくクラブできる~!というほうが強いですかね(笑)。

二学期の中間テストから中学1年生も本格的に範囲の広い、問題も難解な問題がたくさん現れてきたと思います。特に英語!ほんと、今までも苦手な子供たちがいましたが、「苦手教科完全体」になっている子供たちがたくさんいるのではないでしょうか。完全体って何やねん?ですが(笑)。

テストが終わったら、テスト間違いから次の始まりを見つけて突き進む。勉強って延々続きますよね、しんどいけど(笑)。

踏ん張りが大事

この時期はテスト結果に対して踏ん張って頑張る子供たちと、諦めてしまって踏ん張れない子供たちで大きく、その後のテスト結果というより、学習理解度は大きく変わってきます。

クラブじゃクラブ!って、いう子供たち。一度考えてごらん!クラブをやることは大事と思うけれど、中学生の本分は「勉強」ですからね。ガッツガツやれ!っては思いません。でも「やらないといけないところ」までは踏ん張ってやらないとね。クラブという言葉に逃げずにしっかりとやっていきましょう。

ペラッペラなやつ

塾の宿題はそうなんですが、やはり「学校の課題」って大事です。学校で習ったことをもう一度復習する一番良いテキストって、学校が配付している「学校課題問題集」でしょうね。

ismでは週に1回「学校課題」の時間をとって子供たち一人一人の学校課題をチェックしていますが、やはり点数が思わしくない子供たちの課題って、答えを写しているだけやん!っていうペラッペラな問題集が多いです、ほんとペラッペラなやつ。

学校の定期テストを見ていると、しっかりと学校で習ったことを出題されています。子供たちの学習の基本は、あくまでも学校の学習だとず~っと思っています。ここを疎かにすることはできませんし、許しません。ちゃんとやっているかどうかの判断は、「課題問題集」と「中学校で使用しているノート」です。

ご自宅でのお願い

もし、時間があれば中身や内容はともかくとして、字が汚い、とか、途中式やピリオドなど書かずにマルにしているとか、ペラッペラな状態になっていないかだけ確認してください。

ノートが綺麗とはいいません。丁寧になるまでチェックをしてあげてください。実際に学校にノートを提出してノート点がつきますから。

丁寧に書くってことは学校の授業も聞いていることになりますし。ということは内申もよくなるんではないかな、と思います。

やっている中身は塾にお任せあれ!で。期日の決定!も塾にお任せあれ!で。言うこと聞かない!も塾にお任せあれ!で(笑)。提出物のノートも学習の一環ですから、しっかりと見ていきま~す。

投稿者プロフィール

進学塾ism白鷺進学教室
進学塾ism白鷺進学教室
大阪市東住吉区今川2-10-15 シャトー今川2階
TEL : 06-6713-6620 / FAX : 06-6713-6621
最新の投稿

進学塾ismの入塾説明会・学力チェックテストへの参加予約や資料請求・ご質問などをご希望される方は「問い合わせ」フォームよりお願いいたします。

日常

前の記事

テストのやり直し
日常

次の記事

ハロウィンと成績掲示!