こんにちは。今日は雨ですね。週末に台風って載せたら予定では明日に接近しそうという情報が。ん~台風を呼ぶブログ。というか前回載せた情報が古かっただけですけどね(笑)。

今日は午前中からとある私立高校の学校説明会に行ってきました。こういう説明会に行くと実際の学校の雰囲気とかが良くわかるのでよいです。今日もきれいな建物の中で説明会がありました。

説明会の中で在校生徒が学校の紹介をする時があったんです。その学校は幼児教育のコースがある学校で、将来の小学校、幼稚園、保育園の先生の卵(卵より前ですが笑)の生徒たちが実際に学習していることを発表してくれました。これはすごくよかったです。

ただ単なる学校見学ではなく、実際に学習した成果を見せてくれる。しかも幼児教育という特殊な学習の成果がわかるって大事だと思うんですよね。これって保護者の方が実際に見られたら、そら「いい!」ってなると思います。

その発表会の中で思うことが一つありました。発表はそれぞれのパートを色んな生徒たちで発表する訳ですが、その中でひときわ元気な生徒さんがいました。

歌や紙芝居、絵本の読み聞かせなど、本来は子供たちにやるものを、オッサンやオバサン(他の参加した塾の先生、失礼!)にやるわけですから勝手が違います。なのに、元気にハキハキ、目の前に子供がいるようなとっても元気な発表でした。

最後に、発表した生徒さんが全員壇上に上がり、全員で振り付けつきの歌を歌うんですが、この元気な生徒さんは、もうキレッキレでした(笑)。他の生徒さんもキレッキレの方がたくさんいました。

ここで全員がキレッキレと載せるのが良いのかもしれませんが、嘘は嫌なので載せませんが(すいません笑)。元気なんですけれど淡々と(緊張していたのかもしれません)歌っている生徒たちもいました。キレッキレ軍団と何が違うんだろうって考えてみると、やはり「将来に対する思い」の違いなのかなあと勝手に考えました。

絶対に先生になってやる!っていう「覚悟」というか「思い」が発言の中にもキレッキレな生徒からは受け取れました。単なる仕事としてとらえるか、自分のやりたい仕事ととらえるか、ここが大きな別れ道になるのかなと。

自分が教えている塾の生徒たちにも、15歳の入り口である「高校入学」よりも、18歳になって決める「大人への入り口」をしっかり伝えていますが、まだまだです。指導している生徒たちが人生をキレッキレに生きていけるようしっかりと指導していかなければ、と痛感しました。

何より、塾で指導しているスタッフがキレッキレな意識を持って指導しないといけませんね。やりますよお。

 

では、入塾説明会についてのお知らせです。2学期から御入会を御検討されている方の説明会です。また二学期中間テスト対策授業は9月23日(祝水)からスタートします。

進学塾ism入塾説明会

9月12日(土) 午後2時より。約1時間半の説明会です。

学力確認テスト

9月12日(土) 午後2時より。1科目40分。約1時間半のテストです。

※小学生は「算数と国語」、中学生は「数学と英語」です。

※学力確認テストですが、クラブなどで受験できない場合は平日の夕方、もしくはクラブ終了後に受験して頂くことは可能です。お申し込み時にご相談頂ければと思います。

本日はここまで、ではまた。

投稿者プロフィール

進学塾ism