こんにちは。今日は晴れ。お日様がまぶしい!冬にお日様が照っていると妙に嬉しくなりませんか?自分はなります(笑)。

今日は冬期講習会に向けての教材作成と諸般の事情での電子業務です。この大河ドラマは後程。日本どころか世界の一部の地域は贅沢が当たり前になってるのでごわす。

中学3年生にここ最近連発で確認テストを実施しています。あらかじめ出題される範囲のプリントを配布し、そこから確認テストを実施するという定番のパターン。成績向上に直結するツールなんてなかなかありません。子供たちと共に地道に駆け上っていくことが最終的には近道になっています。

テストを採点し返却すると、これまたお決まりのパターンの返事が返ってきます。これは2パターン。

「うそお!」と「まじか…」です。これって成績の伸びる子と伸びない子の決定的な分岐点なんすよ、ド根性ガエル風。

「うそお!」という生徒はまず自分の実力は全く把握していません。どれくらい学習すればどれだけ暗記できるかなど、把握できていません。ですので、自分では合格していると思っているので、「うそお!」なんですよね。現実の自分と向きあえない生徒は類似した問題をしても同じように間違います。ケアレスミスが多い生徒がこの「うそお!」軍団にどっぷりはまっています。

「まじか…」は現実的に自分を理解しています。ダメだった自分を受けいれた言葉です。この言葉を発する生徒は自分の学習時間が足りなかったことを理解します。ですので次回の学習時間は前回より多くなります。自分の過ちを受け入れて次につなげていく生徒は伸びます。

これって受験生だけでなく、受験生以外、はたまた大人にも当てはまるんじゃないしょうかね。

えっ、俺にも当てはまる?うそおぉ!

 

では、入塾説明会及び冬期講習会の受講説明会についてのお知らせです。12月25日(金)からスタートします。日程が差し迫っておりますので

時間を調整してご説明したいと考えておりますので、まずはお電話かHPの申込みフォームから御連絡ください。

本日はここまで、ではまた。

投稿者プロフィール

進学塾ism