こんにちは。本当に良い天気になりましたね。清々しい天気です。桜も莟から少しずつ開花していますし。ただすぐに散るのではないかと心配です。

さあ、進学塾ismの授業も3日目。子供たちの学習状況を現在把握中です。

ドラゴンボールのスカウターみたいなのがあって理解しているか、していないかが一目でわかる機械があれば便利ですけど(笑)。

まあ、自分たちにはアナログですが高性能なスカウターがあるのでご安心を(笑)。

週末に「単一中学の可能性」という内容を載せましたが、続きを少し。

前回は、学習指導によって子供たちの学習に移行する速度や、集中力が違い、複数中学で指導するとズレが出てくる、という内容まで載せていたかと思います。

ここで一つ。学力に差があれば、結局、速度や集中力が違い、同じではないのかね?ちみ、ちみ。

とおっしゃる方がいるかもしれません。でも違うんですよ、ちみ(笑)。

同じ偏差値であったとしても、その偏差値を取るための過程は全く違います。単純に偏差値55はとれるのに、さぼっていて偏差値50しかない子と、頑張って頑張って偏差値50をとっている子は同じでしょうか。違いますよね。

では、どこから、そのような違いが出てくるのか。

単純に答えようとすると、「子供たちの差」となるのでしょうが。では、子供たちの差は、どこから来るのか。やはり日ごろの学習習慣でしょうね。

学習習慣を決定するには、地域の学習指導に対する理念が大きく影響すると考えています。その理念に即して、子供たちを伸ばしてあげないと、日頃やっていることとのズレが出てきます。そのズレをほったらかしにすると学力低下につながります。地域が悪いのではなく、地域の学習のフォローのタイミングを間違うと学習しても力がつなかいのです。

このズレをいかになくして、地域の学習を前向きにしてあげるのか、これが私教育の求められている一つだと思います。

一番は学校の成績が上がることが子供たちにとっても、保護者様にとっても、一番大事なはず。その地域の学習をしっかりとフォローしていくのが自分たちの役目です。

一つの中学のフォローをじっくりおこない、成績を上げていき、子供たちに学習の喜びを伝える。

大事なことだと思います。

 

では、入塾説明会についてのお知らせです。4月から入会をご希望の方の入塾説明会、学力確認テストです。新年度スタートは4月8日となっております。

進学塾ism入塾説明会

4月4日(土) 午前10時半より。約1時間半の説明会です。

学力確認テスト    

4月4日(土) 午前10時半より。1科目40分。約1時間半のテストです。

※新小学5年生~新中学1年生は「算数と国語」、新中学2年生と新中学3年生は「数学と英語」です。

※学力確認テストですが、クラブなどで受験できない場合は平日の夕方、もしくはクラブ終了後に受験して頂くことは可能です。お申し込み時にご相談頂ければと思います。

本日はここまで、ではまた。

投稿者プロフィール

進学塾ism