こんにちは。今日は曇り?晴れ?まあ、風が心地よい秋の雰囲気です。これくらいの季節が良いです、ほんと。

ここ最近、日曜日のOFFブログを怠っているので、来週からは復活します。信じてください!絶対に載せますから。今度乗せなかったらめちゃめちゃ怒ってくれていいですから。それでも載せなかったら載せる文章一日に100回でもいいです!

あまりにもアホらしい宣言で申し訳ありませんでした。改心します。当初から毎日載せる!って宣言した訳ですから。子どもたちと約束する立場なのでしっかりと約束は守ります。ただほんとのOFFブログになると思います。

今日もスタッフ一同とのミーティング。なかなかエンジンのかからないクラス、徐々にエンジンが温まってきたクラス。エンジン全開で走っていたが少しピットインして調整をかけないといけないクラス。それぞれに課題があり、それぞれの課題を克服していきます。

やはり基本の知識の徹底をしていかなければいけません。確実に抜けている知識があるので土台を再構築して指導をします。数学は文章題に入っていきますが計算ができないと話になりませんし、英語も今までの単語が基本となってきますので、しっかりと徹底していきます。

小学生の子どもたちを指導していても計算問題を解く量、一つの漢字に派生してできる熟語の量、減ってきているように思います。しかし、計算するテクニック的なものは子どもたちの頭の中にあるので、途中式を省いて計算しミスをすることが多々あります。

よく保護者懇談で伝えるのですが、自分の計算力と実際の計算力の理解レベルがずれる子どもたちが多くなってきています。解く問題量が少ないと実際にどこまで自分に計算力がついているかはわかりにくいものです。漢字に関しては、単体の漢字は理解していますが、熟語になった瞬間、音だけあった漢字を書き高速道路の下にある落書きのような熟語を発明してしまいます。

これを打破するために小学生に実施しているのが、毎日やる計算プリントと毎週新しい漢字の熟語を20問出す漢字テスト。これは全て上記のようなズレを極力減らすように指導をしています。

「極力」と載せたのは、やはり子どもたちの「心」も大きく影響されます。その「心」にもしっかりとメスを入れ改善していくためには、やはり「会話」です。小学生であっても一人の人間として扱って話をする。子どもたちと同じ目線で、かといって甘やかすこともなく指導をしく。

小学生のうちから文章題などに連動する計算問題や漢字などもしっかりと意識するよう指導をしていきます。

 

では、入塾説明会についてのお知らせです。2学期から御入会を御検討されている方の説明会です。また二学期中間テスト対策授業は9月23日(祝水)からスタートします。

進学塾ism入塾説明会

9月19日(土) 午後2時より。約1時間半の説明会です。

学力確認テスト

9月19日(土) 午後2時より。1科目40分。約1時間半のテストです。

※小学生は「算数と国語」、中学生は「数学と英語」です。

※学力確認テストですが、クラブなどで受験できない場合は平日の夕方、もしくはクラブ終了後に受験して頂くことは可能です。お申し込み時にご相談頂ければと思います。

本日はここまで、ではまた。

投稿者プロフィール

進学塾ism