昨日と何が違うかわかりまっか?

こんにちは。今日は曇り。お昼は暖かくポカポカする時もありましたが、夕方、そして夜が近づくにつれて寒くなってきましたね。

いよいよ本題!記念館!

ボールペンの芯事件によって伸びに伸びたカップヌードル記念館の西遊記ではなく来訪記。しかし、中はまさに天竺でした(笑)。

実はそれほど大きくないんですね。ほんと、人でごったがえしています。多くの外国の方も見学に来られていて、さすが世界のカップヌードルって感じです。

ふと見ると、外国の方にススッとかけよる記念館スタッフ。何やらニコニコと話をしています。そして2階へと案内しました。

実はこの外国の方は入ってからどこに行ったらいいのか迷っていたみたいで、自分たちのオリジナルカップヌードルを作るにはどこに行けばいいのか、ってことを質問したみたいです。詳しくはわかりませんが、そんな感じでした(笑)。

君はハヤブサか?

たくさんの人の中から困っていそうな外国の方にススッとよるスタッフ。どうやってわかってんでしょうね。まるで上空から獲物を捕らえるハヤブサみたいです。

おそらく、毎日、お客様とそれこそ真剣勝負していると、その場の空気ってのがわかったんではないでしょうか。普通に見学している人の中で困っている人の空気を感じる。これってすごいことだと思います。

常に気を配り、常に意識を研ぎ澄まして、入口から入ってくるお客様の状態を把握する。

そのためには、館内の全ての情報を全て理解しなければいけません。入口の人とは違いますが、オリジナルのチキンラーメンを作成する体験学習を説明しているスタッフの方は何も見ずに90分の体験の説明をやりきっていました。

すごいと思いません!90分の内容が全ての自分の中に入っている。こういう丁寧な対応、自分の仕事に誇りを持ってやっている人をみると自分も頑張らねばって思います。

塾の授業も同じ

昔、先輩に「教室で特に何かなかったか?」と質問された「何もなかったです。」と答えたら、野良猫をつまむように上着を上に引っ張られ、教室に連れていかれました。

「壁の画びょうが1つ外れている!それがわからんやつが、生徒の全てを理解して授業できるわけない!もっと空気を読め!」

その時は、この人はブルース・リーかと思いましたが今は理解できます。自分が授業をしている空間を全て把握していないと授業はよくなりません。

子供たちと真剣に向かって指導することって大変なんです(笑)。でも、その大変さが楽しいですよね。

こんなブログを書いている塾、「進学塾ism」にご興味のある方、こちらをクリック

投稿者プロフィール

進学塾ism