点数の差が大きい。これは問題。

こんにちは。今日は晴れ。昨日の夜はほんと寒かったですね。塾が終わった帰り道、凍るかと思いました(笑)。

ここにきて減速気味

10連休明けの授業、予想はされていましたが、予想通りの結果となりました。確認テストの勉強不足です。がっくり。

昨日の2クラスで授業をしたのですが、1つめのクラスは60点満点で上は60点、下は6点でした。なんじゃこらあ!

ゴールデンウィークでの勉強が目に浮かびます。しっかりやっている生徒と、全くやっていない生徒との差。こりゃ問題です。

中間テストまでの日程を逆算して話をし、今のタイミングでこの状態ならば、間に合わないぞ!と気合いを入れなおし。ほんまになあ!って感じです。

小学生気分でいるんじゃねえよ!

さてさて次は中学1年生。漢字テストを実施。このクラスはゴールデンウィーク前の授業で漢字テストを実施。予想よりも点数をみんなとっていたのでホッとしていたクラスです。

全くの点数が取れていな~い!少しも覚えていな~い!

よかったので1人だけ。後はボンバーマンに吹き飛ばされた点数でした。その中でも強力爆弾に吹き飛ばされた生徒が4、5名。ぬるいなあ~。

このクラスでのテストの意義から日程の話、なによりも努力して点数がとれる内容を自分で放棄しているのは大人になってから絶対にダメな考え。

甘えてはいけない!と口に梅干しを50億個入れたくらい、すっぱく伝えました。

気持ちを切り替え宿題チェック。忘れてきた生徒2名。超爆発メンバーです。ぬるんだよ、ぬるいよ!

そして、授業。テスト対策オリジナルプリント集を出して問題やらせたところ、プリント集忘れが2名。さっきの宿題忘れと同じ超爆発メンバー。ぬるい!ぬるすぎる!

結果的には、この2名は塾のない日に呼び出して再度徹底することになりました。やらぬなら、やらします(笑)。

現実にテストをやっていない

経験していない大きな困難をどれだけ意識させていくのか。これって非常に難しいと思います。中間テストがある中学でこれですから、白鷺中学の生徒にとっては中間テストがないわけで、対岸の火事みたいなもんです。

特に中学1年生は、定期テストの経験がありません。あるのは小学校のテストのみ。その感覚でテストを受けようとするとエライことに!

意識させるのは難しい。でも、意識させなければいけない。そして、意識させる。

これは実際に勉強をさせて、その勉強の中で小さくてもいいので達成感を与えることによって意識が少しずる変わっていきます。

中学1年生たちにはがっぷりと向き合い勉強させていく。これが中間テスト対策授業のテーマですかね。

と、色々考えていくうちに気になったので、昨日の生徒のテスト結果を見ると……。このクラスもかあ!気合い!

こんなブログを書いている塾、「進学塾ism」にご興味のある方、こちらをクリック

投稿者プロフィール

進学塾ism