再テスト用紙です。枚数多いです(笑)。

こんにちは。今日は曇り。涼しいというか少し寒いです。風邪など体調が悪くならないようにしてくださいね。

ゴールデンウィークってなんぞや?

いきなりの禅問答。男塾三号生、独眼鉄のコメントをそのままパクった言葉。しかし、気分は「なんぞや?」です(笑)。

前回にも少し触れましたが、全体的に勉強の精度が落ちていますね、ほんと。気持ちがプッチ~ンと切れているのかな。

昔テレビでやっていた「世界一周双六ゲーム」ならば、オーストラリアのシドニー、ガックリ都市に入ったようなもんです。わからんか。

しかし、これほどまでに再テスト者が多いとは、とほほ。

中間テストはすぐそこだよ。

これは生徒たちだけではありません。我々スタッフにとってもです。予想以上に基本の知識が定着していない生徒がいる場合、応用の問題をやったところで何も意味はありません。

描いていたカリキュラムや使用しようと作成していたプリントも再度、検討しなおしです。

まあ、ここが1つの中学でやっている利点なんですが、複数中学の指導ならば、ここまで細かく調整はかけられません。

A中学は教えないと、でもB中学いらんのか。なんてことは複数中学指導あるあるです。歌ってくれRG!

1つの中学のこだわって指導をしているので、指導する内容も小回りがききます。「今」子供たちが理解できるようにカリキュラムや指導内容を瞬時に変更できます。

ここが、ほんと利点ですね。子供たちにとって必要な知識、必要な勉強をタイムリー提供できる。

後は気持ちだぜ!

これも生徒だけではありません。先生がどれだけこだわって指導するかってところも、生徒たちはよ~く見ています。ですから中途半端な指導はできません。当たり前ですけどね。

絶対に点数をとらせる!覚えてこないのなら徹底して覚えさす!やらないのならやらせる!

定期テスト2週間を切った状態ですから、、厳し目に指導することはあるかと思います。それもこれも「子供たちが良い点数をとる!」ことにスタッフがこだわるからなんです。そこんとこよろしく。

だから、再テストにならないように(笑)!

こんなブログを書いている塾、「進学塾ism」にご興味のある方、こちらをクリック

投稿者プロフィール

進学塾ism