「地力」という名の差が開く

こんにちは。今日はしっかりと金曜日。前回のミスをむにゃむにゃしたいが無理だな、こりゃ。まあ、ルールはルール。仕方がおまへん。ってismの先生しか意味わからん内容でした。

人は素直になっていく、はず!

学校の宿題はほとんどの生徒(本当にほとんど?)の生徒が終わっているはず。はず、ですが、最近の出来事のお話。ちらりほらりと。

とある生徒、お盆前に宿題をやっていなかったので、お盆明けに再度チェックをすることを約束。そしてお盆明け授業当日。全く夏休みの宿題を持ってくる気配がありません。しれ~っと座っています。まあ、子どもですからね(笑)。

先「ところで、夏休みの宿題はどこにあんねん?」

生「忘れました……。(目線合わず)」

先「ふーん。で、できたん?」

生「まだです。」

先「ふーん。どれくらい?半分以上進んで終わりそうか?」

生「はい……。(またまた目線合わず)」

先「胸に手を当てて正直に話してみ。何%くらい?」

生「50%……。(またまたまだまだ目線合わず)。」

先「ほんまはもうちょっとできてないんちゃう?、ここまで言うたんやから正直何%なん?」

生「40%くらい」

かわいいっちゃあかわいいです(笑)。しかし、どんどんボロが出て、リーマンショック級にどんどん数字が下がっていく。

一番ダメなことは生徒がわかっているので、呼び出しには素直に応じましたね。すぐに叱ることも簡単ですが、自分がダメだと思っていることをしっかりと自分で考えてほしいので、今回はよかったです。

中3は時間が、ない!(織田裕二風)

そして、中3。お盆休みが終わると、志望校判定に大きく影響するテスト、中学校の実力テスト、五木テストが待っています。全くのんびりしている時間がありません。

そのために、中3には日頃の授業の宿題、日頃の授業で実施されるテスト勉強以外に、英語、国語、社会の暗記分野に関しては、授業時間外に受けるテストが大量にあります。知識がなければ何も解けないので、しっかりと知識を入れていくテストになっています。土台となる基本語中心ですね。

この地道な努力の結晶が「地力」となり、2学期の実力テスト、五木テストに活きてくるんです。毎日毎日時間のない中、空きの時間を見つけてはテストを受ける。踏ん張る力。我慢できる肝。あきらない心。

ほんと地味な作業ですが、丁寧にしっかりとやれば力は必ずつきます。ほんと、よく頑張っている生徒たちを見ていると、自分たちが設定したのですが、えらいなあ~っと(笑)。

で、ここまで書けばわかりますが、少しも進んでいない生徒もいます。少しも進んでいない生徒は授業の宿題も雑であったりします。

コロナ禍の状況ですが、ここはビシっといかないと、最終的に子どもたち自身の進路に大きく影響します。ですんで一切ひきません。ここは絶対に。

つうか、こんなレベルの量なんで冬に比べたら屁のツッパリにもならんぜよ!きんにくマン並みの気合でぶつかっていきます。まずは吉野家へGO!

投稿者プロフィール

進学塾ism白鷺進学教室
進学塾ism白鷺進学教室
大阪市東住吉区今川2-10-15 シャトー今川2階
TEL : 06-6713-6620 / FAX : 06-6713-6621
最新の投稿

進学塾ismの入塾説明会・学力チェックテストへの参加予約や資料請求・ご質問などをご希望される方は「問い合わせ」フォームよりお願いいたします。

日常

前の記事

今日から後半戦
宿題

次の記事

追い込め!追い込め!