『銀河鉄道の父』観ました!

こんにちは。今日は東住吉中学の中間テスト2日目、そして白鷺中学は明日から中間テスト、中野中学は来週末が中間テスト。テスト、テスト、テスト、微妙に日程が違いますが、各教室で1つの中学だけしか指導しませんので何も問題ありません。各中学のスケジュールに合わせて、ということは、子供たちに合わせて指導ができているということです。なぜ、最初から勉強についてガンガン載せるのかって。そりゃあ、本題が勉強と関係ないからです(笑)。

偶然観に行きました、「銀河鉄道の父」

この本は以前に読んでおり、直木賞受賞作です。宮沢賢治の父親の視点から書かれている……、そんなことは調べてくださいね(笑)。その映画が5月5日から公開されていました。

何気なしに近所の映画館のスケジュールを見ていると、最終9時からに「銀河鉄道の父」が。まあ、本も読んだし、基本的に役所広司さんの映画は観る!と決めているので、サクッとした気持ちで見に行きました。近くには初老の男性が着席。ビールとポップコーンを持っていたので、音がうるさくならんかなあと少し心配に。映画予告を見た後にいざ上映!

自分を投影して見てしまう!

何度も何度も泣いてしまいました(笑)。感動というよりも、自分の人生、これからの人生と照らし合わせてしまうというか。これ、ほんとにやばいくらい良い映画でした。塾にお子さんを通わしているご両親にはぜひ観てほしい映画。

とにもかくにも宮沢賢治の人生をリアルにリアルに描いている作品。それゆえ自分が同じ立場にたった時はこうだったな、とか、これからその立場にたったらこうなるのか、とか、自分と合わせてしまいました。「家族」をずっと想いながら観ていましたね。

自分が役所広司くらいにかっこいい人だ、とか思ってはいません、念のため(笑)。

ちなみに、となりのビール初老のおじさんは、ぼりぼり食べながらですが、大声を出して号泣しながら観ていました(笑)。まあ、許す(笑)。

子供への思い、親へ思い

自分の親に対してもそうですが、塾生、そして塾生の保護者のみなさんのことも考えてしまいましたね。

コロナ禍や昨今の子供たちに変化などに日々色々考えて行動してきましが、まだまだ甘いな、と。

保護者のみなさんの気持ちってそんなもんじゃない!その代役として塾で子供たちを指導しているんだから。もっと覚悟を持って、もっと真剣に!もっと貪欲に!

子供たちを指導する面においても気持ちがビシッと引き締まった映画でした。

それぞれの思いをしっかりと受け止め、日々の指導に精進します。

 

一学期生入塾説明会、学力チェックテストへの御参加の方は、こちら、をクリック!

投稿者プロフィール

進学塾ism白鷺進学教室
進学塾ism白鷺進学教室
大阪市東住吉区今川2-10-15 シャトー今川2階
TEL : 06-6713-6620 / FAX : 06-6713-6621
最新の投稿

進学塾ismの入塾説明会・学力チェックテストへの参加予約や資料請求・ご質問などをご希望される方は「問い合わせ」フォームよりお願いいたします。

日常

前の記事

テスト対策真っ只中
日常

次の記事

特に強く思うタイミング